家相・方位について

holiday-house-64393_1920

家相とは・・・
肉体や精神を健全に育み、住む人の才能や生活力を増進させる家は方位・宝閣を基礎にした”相”を持つ意味を表します。
コチラでは家相についてご紹介したいと思います。

【方位とは?】

現在、方位には二通りの見方があります。ひとつは干支(天干と地支)、ひとつは九気性(九星)を使って判断する方法です。家相をみる場合は、四方の正中四五度と四隅四五度の八つを方位とします。
この四方の正中とは、東西南北(卯・午・酉・子)を十干(甲・乙・丙・丁・庚・辛・壬・癸)ではさんだ計四五度のことです。〔注=方位では戊・己は含みません。四隅とは易の四つの象(巽・坤・乾・艮)を八つの地支(辰・巳・未・申・戌・亥・丑・寅)ではさんだ計四五度のこと〕まず、東(卯)から一五度をはさんで、東北寄り一五度を甲、東南寄り一五度を乙とします。

home-663243_640

次に南(午)から一五度をはさんで、東南寄り一五度を丙、南西寄り一五度を丁とし、各四宮を方位別に分割します。また、東北は艮を中心にして東寄りに寅、北寄りに丑、東南は巽を中心に東寄りに辰、南寄りに巳、南西は坤を中心に未と申、西北は乾を中心に戌と亥、が各四宮の方位別に配分されています。
ここで注意しておきたいのは、移転・旅行や土地売買などで基本とされる気学の方位盤との違いです。本来、気学の方位盤は地支(十二支)を基本として八宮(八方位)が配当され、円周三六〇度に十二支を配分します。

water-165219_640

そのため、四方の正中は各三〇度ずつとなり、東に卯、南に午、西に酉、北に子が位置します。ほかの四隅(四宮)は、一隅あたりに二つの地支が配当されるので、一宮が六〇度ずつとなり、東北には丑と寅、東南には辰と巳、南西には未と申、西北には戌と亥の地支が位置します。

つまり、この変形八方位盤は方位鑑定に用いるもので、家相鑑定の方位盤とは基本的に違うのです。一般的に方位盤といわれているものは、十二支による三〇度12分割、易の八卦による三〇度と六〇度の変則八分割、九気性による三〇度と六〇度の変則八分割となっています。これも八方位ですが、普通は各方位に四五度をあてることが多く、ここが観象学の方位盤と異なるところです。

恵比寿周辺で賃貸物件をお探しなら,弊社「ファンルーム」にお任せ下さい。弊社スタッフが常にお客様の立場に立って,満足のいくお部屋探しをお手伝いいたします!もちろん恵比寿だけでなく,五反田や目黒,港区近辺まで幅広いエリアのお部屋をご紹介しておりますので,都内でお住まいをお探しの際はぜひご利用下さい。オーナー様からお預かりしている,弊社管理物件もございますので,他社と物件の量が違います。目黒区,品川区,港区などの賃貸物件のご紹介や賃貸管理のご依頼なども承っております。物件の知識はもちろん,周辺の環境のご案内や入居後のアフターフォローまでしっかりとご対応させていただきますので、お部屋をお探しなら「ファンルーム」をご利用下さいませ。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

1973年に開業した『北朝霞』駅。JR武蔵野線が乗り入れており,どの方面へのアクセスも容易に行えます。そのためお出かけや通勤・通学に大変便利となっています。治安もよく,駅周辺にはスーパーやドラッグストア,本屋,そして飲食店などもあるので,日々の日用品のショッピングも最適で,休日もちょっとしたお出かけするのにも快適なエリアだと言えます。住みやすいことから,多くの方に愛され続けられている,そんな『北朝霞』エリアの賃貸物件にあなたもお引越しを検討してみてはいかがでしょうか?こちらのウェブサイトでは北朝霞エリアの賃貸情報を豊富に掲載しております。一件一件,外観の写真を載せており,また駅から徒歩○○,築年,住所,家賃などパッと見ですぐに情報も得られやすくなっていますので,賃貸探しに大変便利なサイトですよ!

西洋の文化に影響を受けた独自の生活様式が,現在も日本の芸術や生活,文化に影響を及ぼしていてそういった建物や関連施設が多く残っていると言われる兵庫県。その中でも阪神間モダニズムがいまもなお続く住宅地を有する武庫之荘駅周辺で暮らしませんか?街中はリゾート地のような高級な住宅街もあり,緑地公園,桜並木が美しい空間となっています。周辺にはほかに病院や学校,図書館,スーパーが揃い落ち着いた雰囲気があります。また駅からは神戸本線の多くの電車が利用できるので,通勤・通学に便利となっています。そんな武庫之荘駅近くの賃貸情報をお探しの際は,当店ウェブサイトをご覧になってみてください。こちらのウェブサイトでは、物件検索も可能で簡単にお住まい探しを始めることが出来ますので、ぜひチェックしてください。