家相・方位について

holiday-house-64393_1920

家相とは・・・
肉体や精神を健全に育み、住む人の才能や生活力を増進させる家は方位・宝閣を基礎にした”相”を持つ意味を表します。
コチラでは家相についてご紹介したいと思います。

【方位とは?】

現在、方位には二通りの見方があります。ひとつは干支(天干と地支)、ひとつは九気性(九星)を使って判断する方法です。家相をみる場合は、四方の正中四五度と四隅四五度の八つを方位とします。
この四方の正中とは、東西南北(卯・午・酉・子)を十干(甲・乙・丙・丁・庚・辛・壬・癸)ではさんだ計四五度のことです。〔注=方位では戊・己は含みません。四隅とは易の四つの象(巽・坤・乾・艮)を八つの地支(辰・巳・未・申・戌・亥・丑・寅)ではさんだ計四五度のこと〕まず、東(卯)から一五度をはさんで、東北寄り一五度を甲、東南寄り一五度を乙とします。

home-663243_640

次に南(午)から一五度をはさんで、東南寄り一五度を丙、南西寄り一五度を丁とし、各四宮を方位別に分割します。また、東北は艮を中心にして東寄りに寅、北寄りに丑、東南は巽を中心に東寄りに辰、南寄りに巳、南西は坤を中心に未と申、西北は乾を中心に戌と亥、が各四宮の方位別に配分されています。
ここで注意しておきたいのは、移転・旅行や土地売買などで基本とされる気学の方位盤との違いです。本来、気学の方位盤は地支(十二支)を基本として八宮(八方位)が配当され、円周三六〇度に十二支を配分します。

water-165219_640

そのため、四方の正中は各三〇度ずつとなり、東に卯、南に午、西に酉、北に子が位置します。ほかの四隅(四宮)は、一隅あたりに二つの地支が配当されるので、一宮が六〇度ずつとなり、東北には丑と寅、東南には辰と巳、南西には未と申、西北には戌と亥の地支が位置します。

つまり、この変形八方位盤は方位鑑定に用いるもので、家相鑑定の方位盤とは基本的に違うのです。一般的に方位盤といわれているものは、十二支による三〇度12分割、易の八卦による三〇度と六〇度の変則八分割、九気性による三〇度と六〇度の変則八分割となっています。これも八方位ですが、普通は各方位に四五度をあてることが多く、ここが観象学の方位盤と異なるところです。